FC2ブログ
はくつるー
こんにちは<(^^)


せっかく久しぶりにプールにこれたのに

大会前だからかイモ洗い状態で泳げなかったミヤザキです。


兄弟合体ホリボノロン
明日は明翫組のT様邸の建て方ですが

ホリさんは自称夜型なので

建て方の日も朝からあわただしくなるのが嫌だから

そうなるのを避けるために

一階部分だけ柱を立ててました。
柱が立つだけでも空間が仕切られたように感じる


危険な作業もあることだから

急ぐようなかたちは避けたいですよね。


慣れない作業だと慌てたりもしますし(p_-)


さて、

前回は「土台伏せ」とは何かを簡単に説明したので

今回は簡単な作業の流れを説明します。


働く男の背中

土台伏せは下記のような流れになります。



①.土台を置く準備をする

 ①-1.トランシットで基礎に土台の基準となる90°の線を引く

 ①-2.墨壺で基礎に土台を置く位置の線を引く

 ①-3.土台に白アリ除けの薬を塗る


②.土台を並べる

 ②-1.土台固定用金具の取り付け穴をあける

 ②-2.基礎パッキンを敷く


③.土台を金具で固定する



聞きなれない用語がいっぱい並びましたが

次回は細かい作業の内容と

用語の解説を進めていきたいと思います。


大工の仕事

「土台伏せ」とは「土台」を「基礎」に固定する作業です
スポンサーサイト
平和だなぁ
こんにちは<(^^)


そろそろカニ網ブログだと思う人が

出てきそうだなと危惧しているミヤザキです。
(先を越されて今日言われちゃいました)


一身上の都合で更新が遅れちゃいました

ごめんなさい<(_ _)>ドゲザ


今日は明翫組さんのT様邸の

土台伏せ(ドダイフセ)に同行してきました。


「土台伏せ」とは


「土台(家の骨組みの底辺の材)を図面通りに

基礎(家が傾いたり歪んだりしないようにならされた台)

に固定する作業」


を言います。


素人な僕は「土台」と聞くと

「コンクリートで固めた台のことかな?」

と思っちゃうんですけど

本当はコンクリートの台が「基礎」で
(写真のはベタ基礎で今はこのベタ基礎が主流)

その上に乗っかる木材が「土台」なんですね。
Wikiの図参照


土台の配置ですが

図面には横軸と縦軸に数字や記号が並んでいて

土台の木材にその座標を示す記号がふってあり

それに従って配置していきます。
センス無いなぁあ
簡単に書くとこんな雰囲気

ホリさん曰く


「クロスワードパズルみたいなもの」


こつとしては

縦軸と横軸の全体像を頭に思い浮かべることと

考えすぎないこと



それだけ書くと簡単なんですけど

実際に土台を持って作業するのは大変でした。



結局今回は自分の経験不足もあり

土台伏せを最後までやりきれなかったので

説明不能なのですが

ドリルで土台にボルトの穴をあける作業があるのですけど

ドリルでまっすぐ穴をあけるのが意外と難しいんですよ。


土台伏せの作業の全貌については

また明日ホリさんに教わってから書きます<(^^)