上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤキイモー!イラッシャイマセイラッシャイマセ
こんにちは<(^^)


カッターシャツの上に着る作業服をまだ用意してなくて

シャツ一枚で事務所で凍えるミヤザキです。



今年はまだ紅葉も少なく

秋らしさがあまり感じられませんね。


せっかくいいカメラを買ったのに少し寂しいです。


そうれはそうと、

先日から家のメンテナンスのための勉強を始めました。


理由は家を建てていただいたお客様に

せっかくの良い家だから

できるだけ長くベストの状態で

住んでいただきたいからです。


今後は定期的にメンテナンスにまわりながら

家の調子や住んでみての利便性なんかも聞けたらいいな(*^.^*)エヘッ

なんて考えてます。


タニグチさんとこの日常

床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
スポンサーサイト
床暖房と床合板
こんにちは<(^^)


今日ハーフパンツでランニングに出たら

凍えてまともに走れなかったミヤザキです。



今日は明翫組様のT様邸にお邪魔してきました。



ちょうど床暖房*1を設置して

ホリさんが床の高さを合わせるために合板*2を貼っているところでした。
ゆかだん



床暖房には電気タイプ、温風タイプ、温水タイプ、

そして温水タイプの中に不凍液タイプがあるらしいのですが

T様邸は温水タイプになってます。


最近は不凍液のタイプを使うことは少ないらしいです。(床暖房屋さん談)


家の断熱性能が上がってきてるからなんでしょうかね。


ちなみにT様邸の断熱材*3はウレタン吹き付けです。
ウレタン吹付断熱


貫*4を打ち付ける前だと見た目は冷凍庫のなかみたいになっちゃいます。
冷凍庫の霜みたい


床暖房はパイプを傷つけないためにビスを打っていい場所が指定されています。
わかりやすい



ところで、

床暖房の写真の床の貼り方について奇妙な点があることに気付いたでしょうか?






よく見ると隣り合う合板どうしの間に隙間があるんですね。
(ちなみに下の写真には写ってないけどその下の太い隙間は作業途中ですよ)
わざと隙間を開けてます


しかし、


これは実はわざとです。


ここに隙間を入れることによって

板どうしがこすれて起こる床鳴り*5を防止しているのです。



床一つとってもいろいろ考えられているものなんですね(p_-)


感心してしまったミヤザキでした。



*1床暖房 ユカダンボウ 温める仕組みがある床 24時間つけっぱなしのほうが省エネになる
*2合板 ゴウハン 木を薄く桂剥きにし重ねた板 元の木の幅より広い板を作れる
*3断熱材 ダンネツザイ 熱の移動をしにくくするもの 湿気をどう処理するかが問題になる
*4 ヌキ 水平に取り付ける壁の補強材 石膏ボードを貼るための土台だとばかり思ってました
*5床鳴り ユカナリ 歩くたびにぎちぎち音がする 居留守がばれてしまう


タニグチさんとこの日常

チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
こんにちは<(^^)


前回はもっと細かく話を切りたかったけど

前々回に前編と書いてしまったので

そうはできずにがっかりしていたミヤザキです。



前回、そもそも何を伝えたかったのかを分解し

結果、「この家の良さ」「素敵さ、オシャレさ」「わくわく感」の

3点を伝えたかったことを確認し

後は、どうすればそれらが表現できそうかという

ざっくりした方向性を考えるということをやりました。


今回は伝えたっかったことの3点の最後の一つ

「わくわく感」どうすれば表現できそうかというところから始めます。



「わくわく感」とは「やってみたい!」という感覚なので

この場合、「自分ならこういう風に住みたい」と

考えたり、感じてもらうために

「こういうのもよくない?」という風に提案するような

生活スタイルの作例みたいな写真を作ると

よいのではないかと考えました。


これであとは写真を撮ってくるだけです。



…が、

実は予定よりも早くお客様に引き渡しされてしまっていたため

今回の現場では自由な撮影ができなくなってしまいました(-_-;)



というわけでここまでのことを踏まえた写真は

次の現場が終わるまでお預けになっちゃいました。


ごめんなさい<(_ _)>


次回頑張ります(;^_^A


タニグチさんとこの日常

チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る

                _           ニ / l l
             /´´,ィ〕           /       気が付けば……
  ニ / l l   ,_   /  'ーっ          /ニ7
   /   /777/  /  ./ ̄             /         豪遊っ…!
  /ニ7 {   し'7/ ゙̄7/    ,. ''´ ̄`ヽr:z   :
   /   ヽ.  ノ { /〈/   /    _,、 ゝ       _ f'h、 ミヤザキ
    :   |ー-|  X ,.へ    !   r'7/,ゞ7レリ       (.くノ ' 'ヽ  1日通して
  ,rf'?   !   !// V   \_l   y/__ヽ,        .〉   ノ   豪遊っ…!
 〈  レフ .!    ̄/ ̄ ̄/ /   ,.イ | r'::   、    /   /´
  ヽ  く  `‐! !-l__/ /イ / / ̄`<:: _ ヽヽ.  /ー-v'   やって
.   V⌒ヽ_, l l-‐ヽ /  ´ l/ レ'      ,ゝ、  ̄7 i‐-'  / } }  しまったっ……!
   ヽ    ! !   ∨   /       /   \/l. !   ./  ノノ
     \__,,.ゝヽ''7    ./ ニ / l l   、   /ソ ,'─‐'   r‐ 、  さすがのミヤザキも
         /    /   /     ,イ ヽ./ / /、_ __/  ´ヾ、 1日通して
.        /    ノ   /ニ7   /;'|___ゝ'/   }   __,.へ)  豪遊は
       <、   ./     /   /;' | '´イ ` ー─‐'-‐'''´       猛省…!
     /:::`::::ー- 、      :  /;'  !   L_    ノ丿

こんにちは<(^^)


また無為に日曜日を過ごしてしまい

カイジ級に猛省しているミヤザキです。



長文が読みづらいと感じたので今回からは

細かく切っていこうと思います。



これまでが結構長かったので

とりあえずこれまでのあらすじから始めます。


一回目

チラシ用の写真を撮りに行くがカメラの性能不足で写しきれず。


二回目

広くとれるカメラを用意し撮影するも何かもの足りない写真に。


前回の三回目

二回目の時の写真に何が足りなかったか考えた。



そして

今回の四回目

心が動くような写真を撮りたいけど

その前に、


「何を伝えたかったのか」


から分解して考えるところから始めます。
伝えたかったのはワクワク感とオシャレさでした

☆何を伝えたかったのか

・この家の良さ

・素敵さ、オシャレさ

・わくわく感


これで伝えたかったことが分かったので

あとはこれらをテーマに

「心動かす」にはどうすればいいかを考えます。



「この家の良さ」については

シンプルで自分の好きな雰囲気を作りやすいところ

だと考えました。


例えると

かっこいいデザインのお皿は使う料理を選ぶが

真っ白なお皿は自由度が高くて使い勝手がいい

ってことです。



…が、

素人の僕が素直にそれを写すと

前回と同じような写真が撮れてしまいそうですね。



経験上、画面が引き締まるような

ワンポイントになるものを配置すれば解決しそうなので

次回撮影するときはそれを試してみましょう。



「素敵さ、オシャレさ」については

「素敵さ」とは良いものの良さを再認識させるようなもの

だと考えました。


例えば秋の空気の清新で透き通った感じや紅葉の鮮やかさなど

人に言われる程度では「そうだね」程度にしか思わないけど

実際に見ると「やはり素晴らしい」と改めて感じるようなものです。



「オシャレさ」についてはこれまで生きてきて全く考えたことがないので

正直飛ばしてしまいたいところですが、

これも勉強のうちなので一様現状での答えを出してみました。



「オシャレさ」とは新しい視点を与えそれでいて逸脱していないもの

だと考えました。


例えにならないけど「それいうのも意外とありだね」

といえる程度のモノだと思います。


でもこれは基礎ができていて初めてできることだと思うので

今の自分がそれに手を出すのはまだまだ早そうです。



残り一つ「わくわく感」については次回にします。



タニグチさんとこの日常

チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
戦いの後
こんにちは<(^^)


取り掛かりが遅いせいもあるけど

また更新が遅くまでかかって心が折れそうなミヤザキです。



前回、せっかく高いカメラ*1で撮ってきた写真が

あまりにも面白みがなかったため

「どうしたら素敵さを引き出せるか考えます∠(`・ω・´)」

と考えなしに書いてしまったので

今回はお客様がワクワクしちゃうような写真を

どうやったら撮れるか考えてみました。



まず、前回の写真から感じたことを書き出してみて

何が悪いのかから解決策を考えてみました。
陰気なうえに何が伝えたいのかわかんないってこと



☆前回の写真から感じたこと

・何もなくて寂しい

・全体が見えないから何なのかわからない

・感動がない(心が動かない)

・雰囲気が薄暗い



「雰囲気が薄暗い」については

明るさを修正するのでOKにしておきましょう。



「全体が見えないから何なのかわからない」は

この写真のことですが
ぐぬぬ

この右下の長四角は階段です。


しかし、階段を上がったスペースの広さを撮るつもりが

全体を取ることに躍起になって必要のないものを撮ってしまいました。


そもそも家の「良さ」を撮りたいのであって

「特徴」を撮らなければならないわけではないんですよね。


従って、この写真はなかったことにして別の写真に差し替えます。



「何もなくて寂しい」は単純に言葉を裏返して

インテリアや家具を置いて解決します。



「感動がない(心が動かない)」はこのままでは

問題が大きいのでそもそもお客様に


「何を伝えたかったのか」


から分解して考えてみました。




…のですけど

続きは次回で

明日のためにここまでにさせていただきます<(_ _)>


次回もよろしくお願いします∠(`・ω・´)



*1一眼レフ イチガンレフ レンズから見える景色を鏡でのぞき穴から見れるカメラ 持ち出すのが怖くて活躍してない



タニグチさんとこの日常

目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
2m以上離れて撮影したよ
こんにちは<(^^)


最適なカメラを買うためにいろいろ検索してたら

わからない単語だらけで一日が終わってしまったミヤザキです。



カメラ届きました!
ついに来た

これがうちの一眼レフ。Family Nikon D5500(*^.^*)エヘッ


カメラ選ぶだけでだいぶ時間がかかったんですけど

安くない買い物だったから許してね(*´ェ`*)ポッ



早速いろいろ試したかったんですけど

そんな暇もないのでO様邸へ直行し撮影してきました。


一眼レフ*1のカメラは初めてでピントの合わせ方もからわからず
(まず一眼レフが何のことなのかわからない)

しばらく意味不明な写真を量産してしまいましたが

わかるとかなり楽しいですね(*^_^*)

さらに意味のない写真を量産してしまいました。


で、

取れた写真がこんな感じです。




どうでしょう?

むむ
広々とした玄関☆彡



ぐぬぬ
何て呼べばいいかわからない広々空間☆



何かが違う
キッチンから見渡せる広いリビング!





・・・


なんか面白くない写真ですね(-_-;)


せっかく広く大きく写るカメラを用意してようやく思った通り撮れたんですが

「広く写ってるけどそれがどうした?」っていう感じ…


なんだかワクワクしないし素敵な感じもしません。


新しい生活を夢見て「自分だったら…」と考える感じにならないんですよね(;´・ω・)ウーン・・・



とりあえず色合いが暗いので

色を明るめで暖かみのある感じに修正してみました。

ちょっと雰囲気でたかも

それだけじゃないな

暖か味が出たか


なんか雰囲気はよくなりましたけど

まだまだ、だだっ広い空間という印象が強いですね

なんか一昔前のアパートの間取り紹介の写真みたいです。


・・・なるほど。


どうしたらこの空間の素敵さを引き出せるか次回までに考えときます∠(`・ω・´)



*1一眼レフ イチガンレフ のぞき穴から見えるとおりにとれるカメラ 画質の良さとは関係ない

タニグチさんとこの日常

広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
迷走してました
こんにちは<(^^)


メモ帳の強制終了というレアなエラーで

書いていた記事が消えて泣きそうなミヤザキです。



先日、広告用の写真を撮りに

小松市のO様邸にまたお邪魔してきました。


前回みんなで遅くまで掃除して仕上げをしてきた現場です。



今回前もってホリさんにこの家の見どころポイントを

すでに聞いてあったので

あとは撮影して帰るだけと意気揚々と取り掛かったのですが…。



やっぱり新しいことを始めようとすると問題が起きるものですね。



カメラに写りきらないんですよ(-_-;)


小さい細かいところは撮れるんですけど

近くを広く取ろうとすると画面からはみ出しちゃうんですね。
ただ玄関としか言いようがない
広々とした玄関を撮りたかったけど

「玄関」それ以上でも以下でもない感じに。

とにかく全体を映したいんだ
階段を上がった場所(何て呼べばいいんだろう?)の広々空間。

ちなみに窓の下のモノが例の本棚です。


この家の良さどころか見どころさえ写せず。


後ろに下がるスペースでもあればちゃんととれるんでしょうけど

さすがに広い家といっても屋内ですから限界があります。


で、どうにか見せたいところが写るような撮り方はないかと

試行錯誤した結果がこうなりました。
何を見せたかったんだろう
とにかく見どころポイントの中心を写そうとするあまり全体がはいりきらず。


撮りたいのは空間なのに階段だけ写しちゃった(*^.^*)エヘッ


悩んで考えが回りだすといつの間にか一番大事な

「結果としてどうなればよいか」

という部分まで頭から抜けちゃうことがあるんですよね(p_-)



結局この後

「このカメラじゃ写せないんだから

今どれだけ時間を使っても意味ない。」

ということで広く大きくとれるカメラを調達して

後日再チャレンジすることにしたのでした。



タニグチさんとこの日常

技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
偶然顔が写らなかったのはいいが大会名も写らなかった
こんにちは<(^^)


前日の福井マラソンと今日の解体前の家の掃除で

ボロボロになったミヤザキです。



前回、ビス頭*1に異物が詰まっていることに気づき

ビスが食い込むまで力で押し込んではいけない

ということに気づいたのですが

まだビス頭からドライバ*2が弾き飛ばされる

という問題が残っていました。


これにももちろん前回の異物が原因の一つとしてあるのですが

それだけでは解決できなかったのです。



まずどういうタイミングではじかれるのかというと


 ①ビスをインパクト*3でねじ込む途中

 ②ビスがねじ込まれた後


大体この2点になります。



これを丁寧に問題解決の手順を踏んで

下書きしたのですが途中で


「面白いのか…これ?(-_-;)」


と気づいてしまったので豪快に端折り*4ます


①ビスをインパクト*2でねじ込む途中ではじかれるのは

「ビスの進む方向」と「インパクトを押す力の方向」がずれているから



ビスを押し込む力が弱いから

でした。



まずなぜ「ビスの進む方向」と「インパクトを押す力の方向」が

ずれるのかというと

脇を締めてからこぶしをゆっくり前に出していただけると

わかりやすいかと思います。


肘を伸ばすように手を前に出すことになった

のではないでしょうか?


そうしたときの手の動きは

気を付けていない限り緩やかな放物線を描いてしまいます。
素直に腕を前に出すと大体こうなる
赤はビスの進行方向でオレンジは手の動き


そうなった結果

「力の方向」が「ビスをねじ込むべき方向」を外れてしまい

ビス頭からドライバが外れやすくなっていたのです(p_-)


そしてさらにビスを押し込む力が弱かったっために

ドライバがビス頭からはじかれてしまったのでした。



ちなみになぜビスを押し込む力が弱いとダメかというと

ビスには当然ねじが切ってありますが

一回転でそのビスは2ミリ程度前進するため
(回転するとなぜ前進するかはねじを指でつまんでねじってみると多分わかります)

インパクトの高速回転でビスを締め付けたとき

秒間約42回転する計算になっているので

あっ

という間にドライバの先端は置き去りになってしまうからなんです。



これでやっと

②ビスがねじ込まれた後

のみになりましたね(;^_^A


改めまして

このタイミングでなぜ弾かれるのかですが

単純にビスがそれ以上食い込まないので回転できなくなり

インパクトの回転が受け止められずにドライバが

弾き飛ばされるからなのです。
これ以上は回らない


それではこれでやっと弾き飛ばされる原因が出そろいましたので

前回と合わせてこれまでのことから

ビスをドライバが弾かれずにインパクトで締め付ける方法をまとめます。


1.ビスが食い込んでから押し込み始める

2.ビスの進行方向にまっすぐ押し込む

3.ビスにおいて行かれない程度の力で押し込む

4.ビスの終点でインパクトを止める
(難しければ手前でスピードを緩めて締め付ける)


これで大分弾かれにくくなるのではないでしょうか。



今回は単純な話にえらく長くなってしまいました(;´・ω・)ウーン・・・
(これでも短くしたんですけどね)

今度からはもっと簡潔に書けるように頑張ります。



*1ビス頭 ビスアタマ ビスのねじを切ってない側の最端 +と-以外にも角などがある
*2ビット インパクトドライバの先端 交換式でいろんなことが出来る
*3インパクト インパクトドライバの略称 ドライバをモータで回す上に衝撃でねじ込む
*4端折る ハショル 話を短くまとめること 高校時代に初めて聞いたときは方言だと思った



大工道具

"タケM"君ノミを研ぐ
わかります?
こんにちは<(^^)


明日は福井マラソンなのに

何も準備が出来てないミヤザキです。



先日また金物*1の取り付け作業を手伝う機会がありました。


前回、ホリさんの作業を見て

「なるほど、自分はインパクト*2をまっすぐ押せてないのと

前に押す力が足りないことが問題だったんだな。」

という風な気づきを得たので

それらを試してきました。


結果は…






残念!

またうまくできず(-_-;)


実は考え方はおおむねあっていたのですが

ビスの頭からドライバの先端が弾き飛ばされたり

ビスが刺さらず取り落としてしまうのには

別の問題があったのです。


それは単純な原因だったのですが

実は単にビス頭とドライバ先端をかみ合わせる部分が

異物で埋まってたんですね(p_-)
正常なビス
正常なビスの頭 角っこがしっかり四角くなってます

埋まっちゃってるじゃないですかーやだー
ダメなビス 体感上3割はこんな感じ、原因は塗料がたまること



助っ人のサトウさん*3とホリさん曰く


「はじめはちゃんとしてたんだけど

だんだん質が落ちてきとる。」


「最近ホントに(質が)よくない。」


とのことでした。


なるほど

これではまっすぐ押せていたとしても

力がそれてビスが刺さらず取り落としてしまう。


ということで

まだまだ技術のつたない僕は

ビスを取り落としてしまわないようにするため

ホリさんのビスを押し込むように

一気に締め付けるやり方はあきらめて

ねじ山の一回転分かけるところだけ慎重にやることで

ビスの取り落としはほぼなくなったのでした。



*1構造用金物 コウゾウヨウカナモノ 地震などに耐えるように家の骨組みを固定する部品
*2インパクト インパクトドライバの略称 ドライバをモータで回す上に衝撃でねじ込む
*3サトウさん なんでも教えてくれる頼りになる先輩 実は高いところは嫌い



タニグチさんとこの日常

「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。