FC2ブログ
ようこそ、私のオフィスへ
こんにちは<(^^)


睡眠評価アプリでの自分の評価が

100点中6点だったミヤザキです。



今回は山中温泉Y様邸にお邪魔して

階段の鉄骨のプラズマ切断*1の様子を見学してきました。
根元から切ってくれればよかったのに


Y様邸はこれまで大規模なリフォームを2度行っているのですが

その際取り外した階段の残りがまだぶら下がっているので

それをまた切断して取り外しました。


プラズマと聞くとどんなすごい機械なんだろうと思ったのですが

意外とコンパクトで本体の大きさは

一昔前のデスクトップパソコンを一回り大きくした感じで

また、出る光も意外と地味でした(*´~`*)





今回の現場の進捗


山中温泉Y様邸

フロア打ちでフロアを打つ!



断熱材と窓枠がつきました

床のフロア*2が貼り終わり

傷防止のための養生ボード*3が貼られました。


そして、壁と天井には断熱材が入れられ始めています。
天井だよ☆



これであったかくなります



小松市打越町T様邸

大分すっきりしました



窓の下がキッチンです


階段がつきました。

すっきりした自慢の階段
壁がないので部屋がまた一段と広く感じられます。


今は養生ボードがついているのでわかりませんが、

T様こだわりの木の質感を生かした床板が貼ってあるらしいので

完成が楽しみです(#^.^#)



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター


*1プラズマ切断 プラズマセツダン プラズマ化した気体を吹き付けて溶かし切る工法 プラズマとは陽子と電子が分離した状態 よくわかんないです(#^.^#)
*2フロア フローリング*3のこと「床材」
*3養生ボード ヨウジョウボード 仕上がったフローリングに傷がつかないようにしく板


タニグチさんとこの日常

ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
スポンサーサイト
どんよりした空にうっすい虹
こんにちは<(^^)


最近万歩計の歩数が増えて良く運動できてると思ったら

ダンプの運転中の振動だったミヤザキです。



今回は山中温泉Y様邸でユニットバス*1を解体しました。
剥き出しのUB


本当は手順を細かく書き残そうかと思って

写真を大量にとってきたのですが

冷静になって考えると一般の人に需要がないし

よしんばやることがあっても素人の人にやってもらうには危ないのでやめました。


もしやることがあったらヘルメットとマスクをすることをお勧めします。
ニンジャー!
Tシャツ仮面


やりはじめるとサクサク解体できるのですが
もっとでかいバールが良かった…
バールを刺して
俺のバールは天をつくるバールだ!!
上下にぐいぐいして天井を剥がす
初めはいいんだよ
次は壁

しかし、

途中から支えを失って壁がどんどん崩れてきます。
勝手に崩れてくるから注意
結構びっくりします

頭を打つはホコリだらけになるはで大変でした(;^_^A


今回は外の壁を解体してあったので簡単にできましたけど

内側から解体するとなると外した天井をどけるスペースを考えなければならないし

剥がした壁を狭い出口から出すのも大変だし、

結局、残った床とバスタブは壁を壊すか機械を使わないと除去できないんじゃないかと思います。


そして埃だらけですε= o(+ω+,,) ゴホゴホ


なので、

できれば解体などの作業はよほどの自信がない限りは

簡単そうに見えてもプロの人にお任せしたほうがよいでしょう。



今回の現場の進捗
完成形が何となく見えてきた



フロア打ちでフロアを打つ!
フルヤマさん*2はちゃんと内履きに履き替えて作業してます
天井だよ☆

天井と壁の貫*3が張り終わりフロア*4を張りはじめました。

これでまたぐんと家っぽくなりましたね(*^_^*)



ブログの更新情報はツイッターに入るのでまたみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



*1ユニットバス 量産型のお風呂 軽いし置いてつなげるだけだから今はみんなこれ
図面上でUBと略されて(;´・ω・)ウーン・・・ってなった
*2フルヤマさん 普段はよくしゃべるおじいちゃんだが仕事中は別人に 仕事中の私語は怒られる
*3 ヌキ 水平に取り付ける壁の補強材 石膏ボードを貼るための土台だとばかり思ってました
*4フロア フローリング*5のこと 表記のゆれです
*5フローリング 「床材」 畳も英語圏ではflooringらしい



タニグチさんとこの日常

力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
解体後
こんにちは<(^^)


不意の解体作業で全身煤けて

くしゃみが止まらなくなってたミヤザキです。



今回は加賀市山中温泉上原町のY様邸で

Y様の不要になった木工機械*1の運び出しをしてきました。
熟練の機械屋



ひょいっと持ち上げて運べれば楽なのですが

木工機械は重いのでクレーンの先端を屋内に突っ込み

引きずり出すかたちで作業を行いました。


しかし、クレーンを突っ込むには玄関が狭すぎるので

まず玄関を広げる作業から始めました



のですが、



ここで事件発生/(^o^)\ナンテコッタイ


不要になった鴨居*2を外すために

張り切って掛け矢*3を上段に振りかぶったタケMくん

ここまでは良かったのですが


なんと空振り(ノ∀`)アチャー


そして運の悪いことにその先にタケMくんの足が…(ノ_-;)

再起不能(リタイヤ)!
タケM君リタイヤ


叩く目標物とタケMくんとの間に玄関の段差があり

降りると狭くて叩きにくいので

そのまま段差の上から叩こうとしたようなのですが

微妙に届かず。
横着は良くないぜ


しばらくうずくまった後

社長に連れられて病院送りになってしまったのでした。



今回の現場の進捗
片づけてからとればよかったね



完成形が何となく見えてきた
貫と間柱*4を取り付け始めました。


ポリゴンのワイヤフレームみたいに部屋の姿が何となく見えてきましたね。



ブログの更新情報はツイッターに入るのでそんな奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



*1木工機械 モッコウキカイ 木材を加工する機械の総称 鉄鋼用と同じではない
*2鴨居 カモイ 引き戸をまっすぐ滑らせるため頭上につける部材 レールとは逆に溝がほってある
*3掛矢 カケヤ でっかい木槌 一般に売られている北陸型はなぜか小さい
*4間柱 マバシラ 柱と柱の間に入る細い柱。壁を固定するための相手



タニグチさんとこの日常

山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
黄色と青のコントラスト
今回は加賀市山中温泉上原町のY様邸と

明翫組様のT様邸の現場にお邪魔してきました。


重機での解体が…今、始まる
山中温泉のY様邸は減築*1部分の重機での解体作業中でした。


本来は床を張りはじめる前に重機での作業を終わらせたかったのですが

実は新幹線関連の工事で解体業者さんが忙しく

どこも手があかなくなっているので

着工がかなり遅れてしまったのでした。



ちなみにもちろん重機での作業の影響が本体の家に出ないように

しっかり梁*2や壁を切り離してあるので問題はありません。



明翫組様のT様邸の現場では

先週土曜日に作業のために貼ってあった仮の床を外したので

完成形にかなり近づいてすっきりしてました。

床暖房と床合板
はずす前



大分すっきりしました
かっこよくなってきたでしょうか?


ここで仮の床がなぜ必要だったかを説明すると

T様邸は見たとおり家の真ん中に大きな吹き抜け*3の空間があるため

吹き抜け部の天井と壁を張るときに必要なのです。


大工さんやその現場の状況によっては家の中に

足場の鉄骨を組むこともあるようです。


と、このように吹き抜け構造は以外と面倒なんです。


「吹き抜けは何もない空間だから簡単♡(*^.^*)ハッピー!」


なんてことはまったく無くて

実はいろんな意味で職人さん泣かせなのです。
詳細はお近くの大工さんに質問してみよう!

かっこよくはなるんですけどね。

完成が楽しみです(*^_^*)



*1減築 ゲンチク 家の改修工事などで家を小さくすること 実は申請が必要
*2 ハリ 柱の上に横になっている部材。
*3吹き抜け フキヌケ 下の階と上の階を何もない空間でつないだ構造 職人泣かせ



タニグチさんとこの日常

加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
2016.11.22
今日は朝、起きてテレビを見たら

また福島を地震と津波が襲ったというニュースに驚きました。


東日本大震災から5年しか経ってないのに

またなんですね。


ニュースキャスターの

「前回の津波の教訓を思い出してください」

という言葉に当時の衝撃を思い出しびくっとしました。


それを思うと地震発生時の東北の方たちは

もっと衝撃を受けたことでしょう。


明るくなるかならないかの時間にも関わらず

今回の地震と津波で死者が出なくて本当によかったです。



犠牲者が出なかったからそれで終わりということではないんですけどね。
過行く秋
こんにちは<(^^)


今年は急に寒くなりすぎたせいで

紅葉はもうあまり見られないものだと思ってたんですけど

山中温泉近くでは紅葉があって少しうれしかったです。



今回も山中温泉のY様邸の現場にお邪魔してきました。



前回は既存の床に根太*1を張りつけて

新しい床のための下地の水平を作ったので

今回はその上に捨て貼り*2をしたところでした。
床の水平を作る ⇒ 片づけてからとればよかったね
前回と今回

捨て貼りとは簡単に言うと

フローリング*3の補強下地です。
横から見てます
板が捨て貼りで横になってる角材が根太です
(下に転がってる木材は関係ないです。次はちゃんと片付けます(;^_^A)


これをすることで床が丈夫になり

フローリングも湿気から守られます。


*1根太 ネダ 床板を支える部材 「ねぶと」と読むと笑われる
*2捨て貼り ステバリ フローリングを貼る前に貼る床板 「捨て」は表に出ないという意味で
*3フローリング 「床材」 畳も英語圏ではflooringらしい


タニグチさんとこの日常

リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
床を平らに
こんにちは<(^^)


手伝いに出た現場で

しゃべりすぎておこられたミヤザキです。



今日は加賀市山中温泉上原町のY様邸の現場にお邪魔しました。


Y様邸は先日までリフォームのために解体工事をしていた現場です。


床の水平を作る
今日はサトウさん*1親子とフルヤマさん*2が2階で

新しい床を張るためにその下地の水平を作っているところでした。



しっかりとした家でもやはり長い年月がたつと床の水平も怪しくなります。


床に置いたビー玉が勝手に転がったりなんてこともあるでしょう。


そこで、直接床を張らずに一段、部材を張りつけて水平を出し

改めて新しい床を張るのです。


高さ調整にはこのようにスペーサー*3をかませます。
スペーサーをかませる


これをみると床が浮いて良くないんじゃないかと思われる方もおられるかもしれませんが

下地はビス打ちで床鳴りは起きませんし
(釘だとゆるんで盛大に床鳴りします)

縦横の升目状になることと貼る床自体も分厚いので強度も十分あります。



実はリフォームは新築よりも技術と経験が必要です。


それはただ建てるだけじゃなく

同時に問題も解決しなければならないからなのです。


だから失敗の経験や解決してきた問題の数が多いベテランの大工さんが良いのです。


*1サトウさん なんでも教えてくれる頼りになる先輩 実は高いところは嫌い
*2フルヤマさん 普段はよくしゃべるおじいちゃんだが仕事中は別人に やっぱり怒られた
*3スペーサー 隙間を埋める部材 薄い板をかっこよくいっただけ



タニグチさんとこの日常

辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
お前は俺にとってのモンキーなんだよ
こんにちは<(^^)

最近、車の窓がすすけてると思ったら

まきストーブの煙突から灰が降っていることに今更気づいたミヤザキです。



今日は解体作業に行かなくてもよかったので

うれしい顔で明翫組様のT様邸にお邪魔してきました。



そのときホリさんは石膏ボード*1を壁に貼っているところだったのですが

これがなかなか大変なんです。
気が遠くなる壁


T様邸の屋根は大きな斜面の一枚の屋根になっていて

天井もそれにならって斜めになっているので

壁の石膏ボードもその通りの角度に切らなければならないんです。
やぁねぇ
適切な写真がないのが歯がゆい



切る角度が1°でもずれれば

石膏ボードは横910mm×縦1820mmと結構でかいですから

そのまま壁に貼り付けると

上と下では数ミリずれが出てしまうということです。


石膏ボードは貫*2にビスで固定するのですが

さらに明翫組様では壁紙の亀裂を防ぐために

貫と貫の間にもう一本補助の貫を入れているので

固定のために打つビスの量は

一般的な家で打つ量よりもかなり多くなります。
20年選手です
亀裂が入った壁紙

貼る前の骨組みが結構好きです
石膏ボードを打つ前の壁
(横棒が貫でその間の短い棒は明翫組様仕様の補助貫です)


僕なんかはその貼ってあるボードを見るだけで

気が遠くなっちゃいますが


しかし、


それもお客様に本当に良い家に住んでいただくためだと思えば

細かいところの詰めもしっかり詰められるようになるものなんだと思いました。


ちなみに最初の写真のバイクは社長ので僕のじゃないです。


*1石膏ボード セッコウボード 石膏でできた軽くて丈夫で燃えない板 虎のCMが懐かしい
*2 ヌキ 水平に取り付ける壁の補強材 石膏ボードを貼るための土台だとばかり思ってました



タニグチさんとこの日常

耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
Gショック携帯の数少ない生き残り
昨日の19:30頃に5年間愛用していたスマホが

重傷を負ってしまいました/(^o^)\ナンテコッタイ


もう死を待つのみです。



さすがのGショック携帯も画面から落ちたらやっぱり駄目ですね。


今では存在しない契約プランで

契約料金の安さもよかったんですけど・・・((⊂(^ω^)⊃))ブーーーン




しばらく立ち直れないです_(:□ 」∠)_



昨日も今日も加賀市山中町のY様邸の改修工事の前の解体工事に行ってました。
解体作業で疲れたよ

鼻の中まで真っ黒です。



タニグチさんとこの日常

役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る