上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP2820.jpg
こんにちは<(^^)


ブログ更新中にバックスペースキーを連打したら

せっかく書いた記事がなかったことにされてしまったミヤザキです。
これ以上進んではいけない



今回は前回書ききれなかった

ウッドデッキ*1施工時の様子を書きます。


今回のウッドデッキはホリさんが

タケMくんの修行のために

一人でタケMくんにやらせてあげることになりました。


とはいっても時間的な制約や仕上がりのきれいさなどもあるため

柱の逃げの部分などの難しい部分や大引き*2の準備などはホリさんが行いました。


なので、タケMくんは床束*3がついた大引きを地面に取り付けるところからのスタートです。
IMGP2826.jpg
まずハンマドリル*4でビス*5のために下穴*6をあけ
IMGP2827.jpg
インパクトドライバ*7でビス止めします。
IMGP2824.jpg
ハンマドリル 前に叩く力を加えながら回転するドリルで穴を開けます。


これがあればコンクリートにでもきれいに穴があいちゃいます。
IMGP2822.jpg
ビス止めしたところ。


大引きの取り付けができたらあとは床材を貼りつけるだけなのですが、

床材をきれいに均等で並行に貼るために印をつけます。


が、

それを全ての大引きに測っては書きこみ、測っては書き込み、…

などとやっていては日が暮れてしまいます。


そこで、

ホリさんがバカ棒をつくってくれました。


バカ棒*8とは、

同じ長さのものをいっぱい切り出さなければならないときや、

別々の場所に同じ長さの印をつけなければならないときなど、

を何度も同じ長さを使わなければならないときに計測具の代わりに使う棒きれです。


単純ですけど作業の数が増えれば増えるほどその効果は大きくなる

便利アイテムです。
IMGP2828.jpg

IMGP2832.jpg
バカ棒で印をしたところに直線を引くタケMくん

IMGP2834.jpg
ときどき様子を見に来てくれるホリさん

タケMくん緊張の時間。


IMGP2837.jpg
初めの一枚

ここで一日目終了。
(仕事が遅いんじゃなくてはじめるのが遅かっただけなんですよ。 たぶん)

IMGP2847.jpg
二日目

意外ときれいできてます。ε-(^、^; ほっ

IMGP2848.jpg
幅の狭い場所に貼ることになるので床材を切る。


そして全数、床材を貼ったらあとは

外側に飛び出ている余剰の部分をホリさんが切り落とし完成です!

IMGP2866.jpg
残ったビス止めされてないところをビス止めしていく。

IMGP2865.jpg
どうでしょう?

立派になるもんですね。

よく出来てます(*^_^*)


今回の現場の進捗

小松市T様邸

室内ではクロスを貼るために足場が建てられていました。


さすがにこの高さの天井に脚立で作業はできませんですから。


IMGP2861.jpg
しかし家の中に足場とは…



今回のミヤザキのチラシ模写

IMGP2845.jpg

IMGP2867.jpg

なんだか自分でも同じようなものが

作れそうな気がしてきます。


親密さを表すには高い目線と低い目線どちらがむいているかとか

そういう視点で写真を見れるようになってきてました。



用語一言解説


*1ウッドデッキ 屋外などに作った木造の床 普通は素足はだめです
*2大引き オオビキ 土台や束柱の上にあって根太を支える部材
*3床束 ユカヅカ 床を支える束 は束柱のこと
*4ハンマドリル 前に叩く力を加えながらドリルを回転させる機械
*5ビス ねじのこと 同じ太さと長さでも一回転で進む長さが違うものがある
*6下穴 シタアナ ビスをそのまま食い込ませることが難しい時に事前にあける穴
*7インパクト インパクトドライバの略称 ドライバをモータで回す上に衝撃でねじ込む
*8バカ棒 何度も同じ長さを使うときに計測具の代わりに使う棒



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
スポンサーサイト
IMGP2812.jpg
こんにちは<(^^)


25日は目のあたりが腫れあがって

外に出ることもなかったミヤザキです。



クリぼっちを全力で否定するタケM君は

今年のクリスマスはホリさん夫婦と社長の4人で楽しく過ごしたらしいです。
1482752173760.jpg
まだ彼女がいなくてもそこそこ幸せそうなタケM君


1482752616474.jpg
この後サンタさんはタケM君の究極神拳の餌食に・・・



さて、

今回も小松市のT様邸、ホリさんの現場にお邪魔してきました。


今回は駐車スペースの壁面の合板*1を貼りと

ウッドデッキ*2を取り付け作業の途中までをホリさんとタケM君で行いました。


ホリさんが合板の縦横の寸法を伝えて

タケM君がその通りに切って渡し、

それをホリさんが壁に貼り付ける分担。


IMGP2817.jpg
初めは丸ノコ*3の刃の厚み分を計算間違えして

幅の狭い板を渡したりしていたが

それらも少しづつ改善されている模様。
(次の日も覚えていればいいのだけれど)


IMGP2820.jpg
ホリ師匠の指導を受けながら作業するタケM君。


教えてもらえる今のうちにいろいろ吸収しておかないと。


教えてもらえるのは新人の時だけなんだから。



今回、ウッドデッキの作業についてはやりきれなかったので

次回まとめて書こうと思います。



用語一言解説

*1合板 ゴウハン 木を薄く桂剥きにし重ねた板 元の木の幅より広い板を作れる
*2ウッドデッキ 屋外などに作った木造の床 普通は素足はだめです
*3丸鋸 マルノコ 刃がついた円盤を回転させることで部材を切る切削機械 外観上のこぎりには見えない



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
IMGP2787.jpg
こんにちは<(^^)


体が十二分にあったまって



…いるのに昨日から寒気が止まらないミヤザキです。



今日の業務は自宅トイレ付近の警備をしてました。



この前からチラシを作る練習に

自分がカッコよくできてると思ったチラシを

紙に描き写すということを始めたのですが、

これが意外と面白いことがわかるんですよ。
IMGP2795.jpg


チラシの写真としてパッと見るだけでは

何とも思わなかったのですが、

写真に写っているものの輪郭を描いていくと

プロの人の写真って縦の線が左右平行になってたり

奥行きの線も上下もしくは左右の線が

均等になってたりするんですね(p_-)



ここからは推測なのですが、


カメラマンさんとチラシをデザインする人が

しっかり組んでたりすると

その輪郭線が作る効果をうまく使ってるんですよ。



そういうところって人の感じ方を

うまく使ってて面白いなぁって思います。


昔の画家の人が練習に模写をいっぱい描いた理由が

わかった気がしました。



今回の現場の進捗


今回は小松市のT様邸にウッドデッキ*1の材料を運んできました。


久しぶりのセランガンバツ*2が重かった上に

もう壁や開口の枠*3が出来上がっているので

ぶつからないようにと緊張して結構きつかったです。



…が、


写真撮り忘れちゃいました(*^.^*)エヘッ


雰囲気だけですけど、どうぞ
IMGP2792.jpg



用語一言解説

*1ウッドデッキ 屋外などに作った木造の床 普通は素足はだめです
*2セランガンバツ 堅木に分類される木材 硬くて腐りづらいけど重い
*3額縁 ガクブチ 窓や出入り口などの縁につける部材 画面が引き締まる



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
IMGP2783.jpg
こんにちは<(^^)


先日、焼肉屋さんに行ってたらふく食ったので

ご機嫌なミヤザキです。


IMGP2774.jpg
昨日、今日と石川県はポカポカとしたすごくいい天気でした。

初めてはいたヒートテックが暑かったです。


今回は勉強に使わせていただいた本をご紹介します。


タイトルは


「カタチから考える住宅発想法 「空間づくり」をはじめるための思考レッスン」


です。


この本はかるくて読みやすく、内容は濃い

なかなかの良書です。



建築系の勉強をはじめたい方や

設計で考えすぎて手が動かなくなってしまった

設計士さんなんかにおススメだと思います。

また、

おしゃれな暮らしを想像するのが好きな方にもお勧めです。



内容を一言で言うと


カタチを切り口にした空間のアイデアの教科書


です。


ほぼ題名のままですね(;^_^A


読んでみて感じたことは

プロの設計士さんのみている景色が

何となくわかるようになってくる本

だということですね。


読みやすさとしては

イラストが多くてとっつきやすいく、

文章もわかりやすいうえに住宅の用語解説もあるので

建築関係の知識がない人でも楽しむことができると思います。


ページ数も156ページと

本としては薄い部類に入るのですが、

文章に「~してみよう。」とか、「~したらどうなるだろう?」

というような提案や質問を多く入れてあるので

思考や想像が本の内容を密度の濃いものにさせています。



内容は

それぞれのカタチの使い方でその空間が

どういう効果を与えるかを

実在の建築を題材にして進んでいきます。


そして、ここがこの本の良いところだと思うのですが

イラストの人物を使って

その空間とそれが感じさせる印象をうまく表現しているのです。
IMGP2785.jpg


そのためイラストをみるだけで

その空間の与える印象が一目でわかり

さらに、

言語化しにくい部分を感覚的に伝えることができるので

文章を短く軽い文章にすることができているのだと感じました(p_-)



実在の建築を題材にしているので

その設計をされた方の視界から

その人の感じ方、考え方に触れられた気がして

なんだか目を開かされた感じになったのでした。


ご飯まだ―

IMGP2786.jpg
こういうところとかもかわいくてお気に入りです。



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター
堀さん額縁をつける
こんにちは<(^^)


ブログを更新中は体を動かすことができずに寒いから

何とか体温を上げようと呼吸法でどうにかがんばるミヤザキです。


ついに降ってきた

小松市や加賀市にもついに雪が降ってきました。


これからまた寒くなってきます((寒´∀`;))


毎年、路面が凍った日や雪が降った日の初日は早朝から

田んぼに車が1台は落ちてるので

皆さんも事故には気をつけましょう(*^_^*)



今回は小松市T様邸で

窓開口部の額縁*1を取り付けるところをみさせてもらいに行ってきました。


窓の額縁とは

窓や出入り口などの縁につける部材です。

額縁を横から
横から見たところ

額縁をはめる前
取り付け前



額縁はめてみました
取り付け後

額縁を付けると窓開口部の境目の野暮ったい感じがなくなるんだと思います(p_-)


これらを屋内側の窓の4辺全てに取り付けていくわけなのですが、

前回、出入り口の開口の高さに対して壁が高いので間延びして見えるところを

フリー板*2で境目をつくることで緩和した回がありましたが、

その部分にも額縁がつけられて見た目がまた変わったので撮影してきました。

施工前のイメージ



壁の間延びが感じられにくくなる?



変わったかな

どうでしょう?

小さすぎて良くわかんないですね。(´∀`*;)ゞ

窓の額縁を拡大

こうなると完全に印象が下の部分と分断されて

間延び感は全くないですね(*^.^*)



今回の現場の進捗

山中温泉Y様邸

解体後



屋根が貼り変ったよ
屋根と鼻隠*3が貼り変りました。



用語一言解説

*1額縁 ガクブチ 窓や出入り口などの縁につける部材 画面が引き締まる
*2フリー板 規格化された集成材のこと らしい 工業製品だからみんなそうなんじゃない?
*3鼻隠 ハナカクシ 屋根の軒下に横に貼られた板 近くで見ると意外とでかい



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
IMGP2746a.jpg
こんにちは<(^^)


おじさんが間違えてもち米をお米に混ぜてしまった結果、

毎日もち米のご飯を食べて胃がもたれてるミヤザキです。



今回は小松市打越町のT様邸が

大工工事終了が近づいてきたようなので

完成時にちゃんとした写真が撮れるように

イメージを膨らませに行ってきました。



いろいろ撮ってきたのですけどどうでしょう?

IMGP2747.jpg
リビングと窓の外の庭

リビングの天井の高さでスペース感を感じられるかと思ったんですけど

実際、家具が並んだらこのアングルは使わないかもしれないですね。


IMGP2737.jpg
2階から階段を見下ろしたところ

明り取りの窓の大きさと天井の高さが効いてなかなかよく撮れたかな?


IMGP2734.jpg

その場にいると、この天井がつながっている感じが

リゾートの更衣室っぽくて少し面白い感じはしたんですけど

そんなものは写真に写るものではなかったですね(;´・ω・)ウーン・・・



今回もあまりうまい写真を写すことができませんでしたが、

センスは鍛えられるものらしいので、うまい人の写真をみて

またいっぱい写真を撮る練習をしようと思います∠(`・ω・´)



今回の現場の進捗


小松市T様邸


いつものアングルは変わってなかったです。

IMGP2735.jpg
いつものアングルを反対側から見たところ


今回は、部屋の開口部の枠と、

壁と床の境目に貼る幅木*1を取り付ける作業をされてました。

幅木とは廊下とかでよく見る足元のアレです。
IMGP2729.jpg
つける前



IMGP2730a.jpg
つけた状態

病院や学校の廊下の、壁の床との境目に貼られている黒いやつも幅木です。


壁の傷防止と

境目の見た目を引き締めるなどのデザインとして使うようです。


加賀市山中温泉Y様邸

玄関をはいったところです
Y様邸玄関に入ったとこ



タケMです
タケMくん、ジョジョ立ち


161208Y様邸1階



出荷場です

柱の間に間柱*2や貫*3がつき、部屋であることが分かるようになりました。



用語一言解説

*1幅木 ハバキ 壁の、床との境目につける保護兼、装飾の部材 巾木とも書く
*2間柱 マバシラ 柱と柱の間に入る細い柱 壁を固定するための相手
*3 ヌキ 水平に取り付ける壁の補強材 石膏ボードを貼るための土台だとばかり思ってました



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
作業する親子
こんにちは<(^^)


最近、30代にしか見られなくなって

さみしく思っているミヤザキです。



先日、新しく名刺を作りました。

名刺表面


名刺裏面


どうでしょう?


親しみやすさを求めて優しい感じの素材を使ったのですが

ちょっとかわいらしくなっちゃいましたね(*´ェ`*)ポッ



今回はちょうど頼まれた部材の材料が

これまで紹介したことのない栗*1の木だったので

栗の木の紹介をします。
遠くから栗の木
遠くから

近くで栗の木
近くで


栗の特徴は

色は

木の黄色に灰色をかぶせたような地味な色です。


木目は

ブナ科*2で被子植物*3なので導管*4がぶつぶつと見えます。
柿胡麻のような点が導管


木、自体のにおいは丸のこ*5で切ってみましたが特にないようです。
アレのにおいはしませんでした)

古いよく乾燥させた部材だったからかな?


用途としては

堅木*6に分類され堅くて腐りにくいので建物の柱や土台*7、

線路の枕木*8などにも使われていたようです。


ちなみに前回紹介した曲がった柱は栗の木だったそうです。



今回は山中温泉のY様邸の上り框*9に使うので

堅木である栗の木を使ったというわけです(p_-)



渋い色の栗の木ですが、

とりつけたらどんな感じになるかは

また今度撮影してこようと思います(*^_^*)



今回の現場の進捗

山中温泉Y様邸

今は1階の事務所部分をつくってます。

玄関をはいったところ
打ち合わせ中



Y様邸玄関に入ったとこ


161208Y様邸1階

2階は掃除されて少しきれいになっただけで変わってないです。



小松市T様邸

12月7日T様邸



161209T様邸


玄関入ったとこ
玄関を入ってすぐのスペース


今週でボード*10はすべて貼り終わるということでした。



今回の用語一言解説

*1 クリ 地味な色の堅い木 材木としては入手しづらくなった
*2ブナ科 ドングリ型の実をつける木の部類 木材としては堅い木に分類される
*3被子植物 ヒシショクブツ 種が実に包まれた果実をつける植物 裸子植物から進化した
*4導管 ドウカン 木の血管のようなもので主に水が通る 裸子植物にはないが別の仕組みがある
*5丸鋸 マルノコ 刃がついた円盤を回転させることで部材を切る切削機械 外観上のこぎりには見えない
*6堅木 カタギ 一般的に使う木より堅い種類の木 年輪が詰まっている木の種類は大体、堅木
*7土台 ドダイ 家の骨組みの底辺の木材 基礎と混同してしまう
*8枕木 マクラギ 線路のレールの下に等間隔で敷かれた木材 堅くて腐りにくい木材を使う
*9上り框 アガリカマチ 玄関の段差上部の部材 木目が良くて堅い木を選ぶ
*10石膏ボード セッコウボード 石膏でできた軽くて丈夫で燃えない板 虎のCMが懐かしい



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



木の目利き お品書き

木の目利き4品目 無意味に呼びたくなる「セランガンバツ」
木の目利き3品目 ヒノキとスギの木目
木の目利き2品目 赤身の方が栄養豊富?
木の目利き 振っただけで折れる? 「シニフシ」のある材
末長くご使用いただくために
こんにちは<(^^)


題名に対して内容の伴わない記事にアクセスが集まって

申し訳なく思っているしだいのミヤザキです。



今回は久々の道具ネタです。


先月末の回

プラズマ切断機*1を題名にしたけど内容についてはカラッポだったので

プラズマ切断機について書きます。



これがタニグチ工務店で今でも現役で働いてくれている


マキタ*2社 AP101です。
ちょっとでかいデスクトップPCなみ
幅152奥行き370高さ477
ノズル
トーチ この先端から空気をプラズマ化して部材に吹き付ける

家庭用コンセントで使用出来ちゃう
家庭用コンセントでOK


ちなみに製造年は1989年の27歳で

タケMくんよりも7つも年上です。


使用するのに特別な資格は無く、

性能の割には軽くて(19kg)持ち運び安いうえに

100Vの電源(家庭用コンセント)で使えることもあって

リフォームするときに鉄骨を切断しなければならないときは重宝します。



使用方法は


アース線*3をつなぎ

電源を入れて

トーチスイッチON

後はチップ先端を切断部位に当てて

アーク*4が出たら切断するのみです。
(くわしくはマキタさんのホームページの取説pdfの19P辺からどうぞ)



これで軽トラをオープンカーにすることも

家庭でできちゃいますねw



が、



そんなプラズマ切断機もそこから発せられる光や、

プラズマの熱で気化した金属の蒸気はかなり危険なので

使用には十分な注意が必要です。



まず、切断するときに発せられる光、アーク光*5は

アーク溶接*6やプラズマ切断機から発せられる場合


太陽の表面温度に匹敵する熱を発しています。


もちろん肉眼で見たりしてはだめです。


下の写真のように遮光面*7をしなければいけません。
“タニグチ工務店”の “タケM”だよぅ・・・・


写真では腕まくりしてますが、


本当はこれもだめです。


熱と一緒に強い紫外線も発生しているため

人によっては作業後真っ赤に皮膚が焼けてしまうらしいです。


なので、夏でも長そで長ズボンでの作業になります。



最後に金属の蒸気ですが

金属ヒューム*8と呼ばれ、吸い込むと肺に溜まります。


なんか想像するだけで恐ろしげですね(-_-;)


空気の流れをよくして、マスクを着けて作業することをお勧めします。


便利な機械でもその能力がすごいほど使い方には注意が必要だということですね(p_-)



今回の現場の進捗


小松市T様邸

ボードを貼りました



12月7日T様邸
かなり石膏ボード*9が貼れてきました。

印象もかなり変わってきましたね(*^_^*)



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



*1プラズマ切断 プラズマセツダン プラズマ化した気体を吹き付けて溶かし切る工法
*2マキタ 電動・エア工具などをつくっている会社 作ってみてから相手の反応をみるスタンスで面白いものをつくる
*3アース 電気が抜けていく所 人が感電しないようにする安全装置の一部
*4アーク 気体がプラズマ化した状態
*5アーク光 アークになった時に出る光 至近距離の太陽並み かなりヤバい
*6アーク溶接 溶接ワイヤをアークにしてぶつけてその熱で溶かしてくっつける
*7溶接用手持面 ヨウセツヨウテモチメン アーク溶接などをするとき眼や顔が焼けないように使う防具 日蝕をみるときにも使える?
*8金属ヒューム 気化した金属が集まったもの 気化した金属によってはかなりヤバい
*9プラズマ 気体の分子から電子が飛び出した状態 身近なところでなんと火もプラズマ


大工道具

インパクトが弾かれると材料に当たって傷になっちゃうからこまってんです
"タケM"君ノミを研ぐ
ある日の昼食
こんにちは<(^^)


ハゲないために

とにかく早く眠りにつきたいミヤザキです(切実)。



今回は小松市T様邸にお邪魔しました。
ボードを貼ってます
ホリさんが1階のボード*1を貼っていました。

吹き抜け*2部で高いところのため脚立に足場板を引いて作業をしてます。

2階子供部屋
2階の子供部屋
完成形に近いです。


窓の下がキッチンです
前回



2日前だよ
先週 2階の壁の石膏ボードが張られています。



ボードを貼りました
今回 2階の壁がほとんど貼られてちゃんとした壁になりました。


こうやって同じ場所の写真を並べると出来上がる過程が見れて面白いですね。

タイムラプス動画で見てみたくなります。
(ホリさんは仕事がしづらくなるでしょうがw)



ところで、

下の写真は2階正面の部屋の入り口なのですが

壁の上部にフリー板*3が長手方向が横になるように張られています。
壁の間延びが感じられにくくなる?

拡大

みえるかな?
これは設計士のタカダ氏が

ドアの大きさに対して壁の高さが結構あるので、

その間延びを解消するために考えたものですがどうでしょう?


といってもわかりづらいので写真で見比べてみましょう。
施工前のイメージ
やっつけ感満載の修正写真w


結構、効果ありっぽいですね(*^_^*)



*1石膏ボード セッコウボード 石膏でできた軽くて丈夫で燃えない板 虎のCMが懐かしい
*2吹き抜け フキヌケ 下の階と上の階を何もない空間でつないだ構造 職人泣かせ
*3フリー板 規格化された集成材のこと らしい 工業製品だからみんなそうなんじゃない?
*4集成材 シュウセイザイ 小さい木材を接着して作った部材 大きく歪んだり割れたりはしない



タニグチさんとこの日常

「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
打ち合わせ中
こんにちは<(^^)


先日、体をほぐしに久しぶりにプールに行ったら

定休日だったことを忘れてて(´・ω・`)ショボーンなミヤザキです。



今回はリフォーム予定の現場の下見に同行してきました。

必要に迫られた本物だから味がある
天井が高いですね

何をする小屋だったんだろう?
木製の滑車?


外観は普通の小屋だったんですが中をのぞいてびっくり

逆光がうるさい嫌な写真
その柱ど・・・どうした?・・・・・・デ・・・・デッサンがくるったか・・・・・・!?


昔はこんな曲がった柱も使ったんですね。


社長曰く、


「昔はどんな木も貴重だったから、多少曲がってても大事に使ったんや。」


そのころは湯を沸かすのに薪を使っていたころだから

木材は資源として大事にされていたんですね。



それにしても曲がった柱というのも面白いですね(p_-)


曲がっていることによって

木材が自然の生き物であったことに改めて気づかされます。


そういう気付きを与えてくれる何かが身近にあったなら、

季節の変化を感じさせるものに感覚が開かれて、

時間の流れを感じることで

それの大切さもこれまで以上に感じられるようになる気がします。



ちなみに今でも曲がった柱や梁を使うことは出来ます。

いっそぐねぐねと曲がった柱を表面に出したろうかなんてどうでしょう?

森林を歩いているような気分になるかもしれませんよ(*^_^*)



今回の現場の進捗


山中温泉Y様邸

断熱材と窓枠がつきました



変わってない?


変わってないです(#^.^#)


大工さんはいろいろやることが多いので

いつも見栄えがするほど仕事が進むわけでもないです。


と、言い訳してみたり(´∀`*;)ゞ


小松市打越町T様邸


木の色が優しい

2階の床のフロア*1を張りはじめました。

木の色合いや触り心地のよさを活かした床材です。

さらっとした踏み心地ではだしで歩くと気持ちいいと思います。



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



*1フロア フローリングのこと「床材」



タニグチさんとこの日常

プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。