FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMGP3160.jpg
こんにちは<(^^)


Excelのシートをいじりはじめると

止まらなくなってしまうミヤザキです。



この間、久しぶりにお昼に事務所へ行ったら

お昼御飯はすき焼き風の煮ものでした。

IMGP3232.jpg
社長特性すき焼き風煮込み



まだまだ外は寒いという日が続きますけど

あったかい食べ物はいいですね、

気持ちもあったかくなった気がします(*^.^*)



さて、今回は前回の建て方*1の続きです。



IMGP3147.jpg
帰ってきたらもうほぼ終わってましたとさ\(^o^)/



帰ってきたら終わってました(;^_^A


クレーン車もありませんでした(>_<)サビシイ



でも、まぁ問題も無く

滞り無く終われたのならそれでいいんです。


失敗は早いうちにしたほうがいいけど

問題は無い方が良いのです(*^_^*)

IMGP3155.jpg
足場を上がって一階の屋根部分


屋根に貼られているのは防水シートです。


壁のあたりまで上がっているのは

壁と屋根のつなぎ目からの雨の侵入を防ぐためです。


こういった壁から突き出すような構造のところはどうしても

隙間ができるものなのでしっかりした処置が必要なのです。



大分前のように感じますが

前々回でホリさんとミツグさんが作っていたものの正体がこれです。

IMGP3041.jpg

IMGP3055.jpg

みなさんは何かわかりましたか?


IMGP3150.jpg

はい、実は屋根だったんですね、これは(*^_^*)


今回、なぜこんなふうに屋根を部品として先に組み立てて

持って行ったのかというと時間短縮とかそういったためではないんです。


単純に言ってしまうと

庇*2を有効に活用するために長く屋根を伸ばしたいのですが

すると強度が足らなくなってしまうからということでした。



下図は屋根の骨組みを表しています。
垂木と母屋
垂木*3と母屋*4


緑色で示された部材が垂木で屋根の傾斜方向に延びます。


水色が母屋で垂木を支えるように横に伸びています。


通常はこの垂木と母屋を縦横に組み合わせて

屋根は作られています。


今回の屋根は庇としての効果を有効に活用するために

外に突出したひさし部分が母屋方向にも長いんですね。


しかし、

あまりに突出部分が長いと強度が足りなくなってしまいます。


そこで、

今回は屋根をフレーム型に組み上げてさらに

間柱*5状の骨組みをつくることで強度を増しているというわけなんです。


北陸は雪が多いですからね

そういったこともちゃんと考えているんですね(*^_^*)



用語一言解説

*1建て方 タテカタ 家の主要な骨組みを組み立てること 上棟式とも言う 祭祀らしい
*2 ヒサシ 窓のための小型屋根 帽子で言うツバ 窓に入る夏の日差しを遮り、冬の日差しは取り入れられるような長さに調整してある
*3垂木 タルキ 屋根の骨組みに使う材料 屋根に対して流れる方向に使用される部材
*4母屋 モヤ 屋根の骨組みに使う材料 垂木を下から支えている オモヤとはまた違う
*5間柱 マバシラ 柱と柱の間に入る細い柱 壁を固定するための相手



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

ホリさん、大工仲間と力を合わせて建て方をする ~片村建築さん小松市Y様邸 前編
ホリさん、ミツグさんと謎の部品を組み立てる
ホリさん、土台伏せをして床を貼る ~タケMくんも頑張ってたよ …たぶん
小松市Y様邸スタート ~ホリさん、ベタ基礎ができたので地墨を引く
タケMくん誕生日のお祝いに焼そばを食べる
小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
スポンサーサイト
IMGP3109.jpg
こんにちは<(^^)


最近天気の差が激しいので

天気の日の次の雨風の酷さに心が折れたミヤザキです。



今回は片村建築さんからのホリさんの現場

小松市Y様邸の建て方*1の日です。

IMGP3064.jpg
片村社長のあいさつを聞く大工職人の面々(左のフードをかぶった男はタケM君です)


この日は朝から寒かったんですけど

みんな建て方で熱くなること前程なので意外と薄着でした((寒´∀`;))


IMGP3073.jpg
まずは一階部分の柱を立ち上げるところからスタート


柱を立ち上げると同時にクレーンで材料を

作業しやすいように家の中心へ移動させていきます。


みなさんベテランなので特別声をかけ合わなくても

仕事の分担がされていきます。


建て方は大工さんの見せ場ですよね、

みんなきびきびと動いていてかっこいいです(*^_^*)


IMGP3088.jpg
次々と積み上がる柱と梁*2


それぞれが役割を分かっていないと

なかなかこう速くはできないものです。

IMGP3093.jpg
流れを見て指示を出しながら作業をするホリさん(緑の上着)


この現場はホリさんが親方*3なので指示も作業もどっちもやらなければなりません。


当然のことですが

建て方の全体を通しての作業と

その目的が流れとしてわかっているからできることです(p_-)
(だから一通りの仕事がわかってないと先は読めないんだぞタケMくん)

IMGP3103.jpg
さくさくと一階部分が組み上がり二階部分へ



と、ここで僕は自分の仕事があるので

一時現場から離脱することになっちゃいました(;^_^A



そしてきりがいいので続きは次回です(^^;ゴメンネ!



用語一言解説


*1建て方 タテカタ 家の主要な骨組みを組み立てること 上棟式とも言う 祭祀らしい
*2 ハリ 柱の上に横になっている部材。
*3棟梁 トウリョウ 大工の親方 この場面ではこの現場の大工の責任者



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

ホリさん、ミツグさんと謎の部品を組み立てる
ホリさん、土台伏せをして床を貼る ~タケMくんも頑張ってたよ …たぶん
小松市Y様邸スタート ~ホリさん、ベタ基礎ができたので地墨を引く
タケMくん誕生日のお祝いに焼そばを食べる
小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
IMGP3058.jpg
こんにちは<(^^)


ブラックのコーヒーを飲むと

どうも腹が減る気がしているミヤザキです。



前回、「次回はいよいよ建て方*1になります!(*^_^*)」

なんて威勢良く書いたんですけど

建て方は祭祀なので吉日*2に行うものなんですね(;^_^A


なので今回は工場で建て方のための準備をする

ホリさんとミツグさんの作業を見させてもらいました。


IMGP3039.jpg
この日届いたばかりの部材

なんだかお神輿みたいな梱包ですね(*^_^*)


IMGP3041.jpg
どんどん組み上げていくホリさん

でかい枠に細かく間柱*3のようなものが入って

…これは何なのでしょう?


壁だったら現場で作ればいいし、

柱と分離している意味もないですし(p_-)

IMGP3040.jpg
角の部分

ここから斜めの部材を中心にして垂直に間柱状の部材がついていきます。


IMGP3055.jpg
出来上がり

ビス*4止めしてあるのでなかなか丈夫そうです。


IMGP3057.jpg
次々に積み上がる同じような部品



次回こそは建て方です(*^.^*)エヘッ


そして、今回組み立てた部品の謎があかされます(`・ω・´)



用語一言解説

*1建て方 タテカタ 家の主要な骨組みを組み立てること 上棟式とも言う 祭祀らしい
*2建築吉日 ケンチクキチジツ 日によって巡る運勢の中で建築に良いとされる日 十二直六曜を使う
*3間柱 マバシラ 柱と柱の間に入る細い柱 壁を固定するための相手
*4ビス ねじのこと 同じ太さと長さでも一回転で進む長さが違うものがある



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

ホリさん、土台伏せをして床を貼る ~タケMくんも頑張ってたよ …たぶん
小松市Y様邸スタート ~ホリさん、ベタ基礎ができたので地墨を引く
タケMくん誕生日のお祝いに焼そばを食べる
小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
1486597294568.jpg
こんにちは<(^^)


プールに行っても結局、

知り合いと話しこんで時間だけが過ぎてしまうミヤザキです。



今回も片村建築さんの小松市Y様邸でのお話です。


今回は土台伏せ*1だったのですが、

残念!予定が合わずいけませんでした(>_<)


が、ホリさんが写真を撮ってくれたので雰囲気だけでもお送りします(*^_^*)

1486967011036.jpg
あ、土台伏せ終わった後だわこの写真\(^o^)/オワタ


…ごめんなさい

気を取り直していきます(;^_^A



「土台伏せ」とはざっくり説明しますと

基礎*2(コンクリート部分)に土台*3を乗っけることです。


「土台」とは

家の骨組みの一番下、底となる部材のことです。



最近の住宅は床下に湿気がたまらないように土台の下に

基礎パッキン*4のという空気を通すためのトンネルのついた板を敷きます。
joto基礎パッキン
(この現場の写真ではありません)


湿気がたまると結露で木材がかびて腐食したり

シロアリが入ってきやすくなったりするので

それらを防止するために入れているんですね(p_-)


お家によっては換気扇をつけたりすることもあるようですが

そういった点は結局その土地の環境によるので

絶対に必要というわけではないので安心してください(*^_^*)

1486967032903.jpg
作業中のタケMくん このまま転がって行っちゃいそうな丸み



土台伏せが終わったら、次は断熱の板を敷設します。
1486966987547.jpg
きれいに敷き詰められた床用断熱材



そしてここに床用の分厚い板が敷き詰められて

床部分はひとまず終了で

次回はいよいよ建て方*5になります!(*^_^*)



用語一言解説

*1土台伏せ ドダイフセ 土台を基礎に取り付ける作業
*2土台 ドダイ 家の骨組みの底辺の木材 基礎と混同してしまう
*3基礎 キソ 家の一番下のコンクリート部分 土台と混同しちゃいやすい
*4基礎パッキン キソパッキン 側面に穴のあいた板 床下の通気性を良くして湿気を逃がす
*5建て方 タテカタ 家の主要な骨組みを組み立てること 祭祀らしい



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

小松市Y様邸スタート ~ホリさん、ベタ基礎ができたので地墨を引く
タケMくん誕生日のお祝いに焼そばを食べる
小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
IMGP3028.jpg
こんにちは<(^^)


お気に入りの折りたたみ傘が風で飛ばされそうになり

あわてて取り押さえたら傘の骨が残念な感じになってしまったミヤザキです。



最近の折り畳み傘って面白いですね。


ボタンを押したら開いて

また押したら閉じるんですよ(*^_^*)
IMGP3141.jpg
ひとつのボタンで両方をこなす

IMGP3142.jpg
開いて閉じる


これだけで値段分は楽しめましたよ(´・_・`)



去年の中頃に片村建築さんから新築の仕事をホリさんがいただいたので

先週その現場である小松市Y様邸で

ホリさんが基礎に地墨*1の作業をしました。


地墨というのは地に対して行うマーキングです。


今回の場合は基礎*2に対して

土台*3を正確に置くためのマーキングです。


この作業で家の角になる部分や

壁がT字に飛び出す部分の角度を正確に記しておかないと

家が歪んでできてしまうのでかなり大事な作業になります。



今回はホリさんとタケMくんの二人で

組になって作業をしました。

IMGP3030.jpg
真ん中の黒くてちっさいものはレーザー墨出機*4です。


レーザー墨出機とは

レーザー光で直線や点を対象物に映し出して

直角や垂直の線を簡単に出せるすぐれものです。


しかし、倒れただけで精度が悪くなるといわれるほどの

精密機器なためみんな慎重に扱います。


ちなみにみんな「レーザー」とだけ呼びます。

IMGP3033.jpg
ホリさんがレーザーで直角を出しているところ


レーザーにはレーザー射出口が多数ついていて

ひとつの直線にレーザー光を並行に合わせることができれば

90度の線を自動的に映し出すことができるのです(p_-)
レーザー



これで地墨が引けたので次回は土台伏せ*5です(*^_^*)



用語一言解説

*1地墨 ジズミ 地に対して行うマーキング 外形線を引くようなものなのでこれが歪むと家もゆがむ
*2基礎 キソ 家の一番下のコンクリート部分 土台と混同しちゃいやすい
*3土台 ドダイ 家の骨組みの底辺の木材 基礎と混同してしまう
*4レーザー墨出機 レーザースミダシキ レーザー光で直角や直線を示す 一コケで2万円
*5土台伏せ ドダイフセ 土台を基礎に取り付ける作業



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

タケMくん誕生日のお祝いに焼そばを食べる
小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
IMGP3051.jpg
こんにちは<(^^)


ブログ更新中はバックスペースキーになど

絶対に触らないと誓うミヤザキです。



またやってしまいました\(^o^)/


前回、ブログ更新時に

長い時間をかけてやっとこさ書きあげた記事の

題名を打ち込んでいたときに

少し打ち間違えたのでバックスペースキーを

タタターン!っとうったらですね・・・

あああああああああ
あああぁぁぁぁぁ!


なんということでしょう(ノ_-;)

これまでの苦労がすべて水の泡になってしまいました。


記事の編集中にページを切り変えようとすると

警告文が出てシステムが止めてくれるのですが

その警告文も実はバックスペースキーを押すと消えてしまうのです(p_-)



みなさんもウエブ上での編集作業では

バックスペースキーの使い方にいは気をつけましょう(*^_^*)


*注釈
本当は題名の編集中は

バックスペースキーを押しても一文字消えるだけですが

マウスをどこかのタイミングで触ってしまって

欄外でクリックしたのが今回の事件の原因だと思います。



さて、気を取り直しまして(;^_^A


先日の2月某日はタケMくんの誕生日だったので

やさしい\(^o^)/ホリさんがタケMくんのために

いろいろとたべものを買ってきてくれました(*^_^*)


そしてその中に

「ぺヤング パクチーマックス」という

何かヤバそうな名前の焼きそばがあったので

タケMくんと食べてみました(*^_^*)
ぺヤング・パクチー・マックス
ぺヤング パクチーマックス

ゆであがるまでは普通のインスタントの焼そばです。


ゆで汁が少し緑がかっている以外は…

IMGP3050.jpg
そして完成?


…ごめんなさいかき混ぜた写真がなかったです(^^;


食べてみた感想は

オレンジの皮のにおいが強く香る焼そば

という感じでした。


あったかい食べ物でこの香りがするものは

これまで食べたことがなかったので

あまりなじみはしませんでしたが

とにかく柑橘系の香りで否応なしに唾液が出ました(*^_^*)


僕が一口もらった後

タケM君が残りを黙々と食べてこの日のお昼は終わったのでした(;^_^A



今回の現場の進捗

今日はちょうど現場がなかったので

タケMくんは工場で材料の整頓などをしていました。

IMGP3061.jpg
マルノコ*1で材料を切るタケMくん


ミツグさんとホリさんは建て方の準備をしていました。



用語一言解説

*5丸鋸 マルノコ 刃がついた円盤を回転させることで部材を切る切削機械 外観上のこぎりには見えない



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

小松市村松町の倉庫で探検 ~問題ないことを強調されると逆に怪しい
タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
IMGP3013.jpg
こんにちは<(^^)


噛んだ後のガムの包み紙とカメラは

絶対に同じポッケに入れないと固く誓ったミヤザキです。



IMGP3042.jpg
今日の小松市の天気は雨時々曇りといったところのようです。


目の前の工事現場の誘導員さんが

「今日は温くってよかったね(^^ )」

と挨拶してくださいましたが

今日は十分寒いですよ((´・ω・`;))


みんなこんな過酷な環境で仕事をされていると思うと

自分も頑張らないといけないなと思います(*^_^*)



先日、ホリさんの建て方が近いということで

小松市の村松町にある倉庫(以降、村松倉庫)に

材料を見に行くというので同行させてもらいました。


村松倉庫*1は木材の乾燥と保管のための倉庫で

木材が日焼けしないように窓を板で打ち付けてあるため

昼間でも中は真っ暗で結構、雰囲気があります。


しかし、ホリさん一人に行ってもらうわけにもいかないので

勇気を出して中に入り((´・ω・`;))


カメラをパシャリ!


おーぶがいっぱい

ギャーΣ(´Д`*)


なんということでしょう。


そこには大量のオーブ*2が…(゚д゚)



…などということは全くないです(;^_^A


この倉庫は古くてしかも倉庫の前が地面むき出しのため

細かいほこりがどうしても溜まってしまうんですよね(^^;


結果、フラッシュをたくとほこりが反射しておかしな画像が撮れてしまうため

今回はホリさんにカニ網の時にも大活躍したライトで

撮影を手伝ってもらうことになったのでした。


IMGP3018.jpg
ぎっしりと積まれたヒノキ*3の柱

この裏にもずらっと並んでます。

IMGP3019.jpg
あざとく「特選」と刻印されたヒノキの柱

特選というだけあってよい木目です。


ちなみに切れ目が入っているのは割れではなく背割り*4したためです。

IMGP3012.jpg
ぎっしり年輪の詰まった丈夫で良い柱です

節がありますがこれは

強度に問題のない生き節*5ですから大丈夫です(*^_^*)


そもそも枝のない木はありませんからね。

IMGP3026.jpg
6メートル以上もあるベイクサ*6の梁*7

昔ベイクサが流行った頃に大量に仕入れた残りらしいです。


ベイクサとは

アラスカあたりに生える日本のヒノキに似た木で

狂いにくくて腐りにくく、シロアリにも強いという良い木材です。


しかし、これだけでかいと

使いどころが狭まってきちゃいますね(;^_^A



用語一言解説

*1村松倉庫 ムラマツソウコ 小松市村松町の住宅地にある倉庫 暗くて外観も雰囲気あるけどいたって普通
*2オーブ 光の玉のようなものが写真やビデオに写りこむ
*3檜or桧 ヒノキ 防虫防腐性に優れしかも狂いにくいキングオブ木材 日本と台湾の一部にしか分布しない
*4背割り セワリ 乾燥から来る割れを防ぐためにあらかじめ入れる切れ目
*5生節 イキフシ 死節に対してつくられた言葉 枝の後である節がちゃんと材にくっついている状態
*6米草 ベイクサ 本名はイエローシダー ベイヒバとも呼ばれるがこちらはヒノキ類 性質も似てる
*7 ハリ 柱の上に横になっている部材。



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

タケMくん雪の中、側溝の掃除をする まだまだ修行が必要です
もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
IMGP2992.jpg
こんにちは<(^^)


ブログ工事中で記事の更新を止めてたつもりが

普通に公開されていて驚いたミヤザキです。


中途半端でごめんなさい(;^_^A



在りし日の
在りし日の姿、結局何の建物だったんだろう?


先日、加賀市の中央公園に行ったら

きのこ型の建物(管理棟?)が取り壊されてました。


小学校の時から何の建物か気になってたんですけど

一度も入ることなく無くなっちゃって少しさみしく思いました。



今回は加賀市山中町のY様邸にお邪魔してきました。


解体や材料の加工などの大きな工事は終わってゴミ箱も無くなり

あらかた片付いたので家の前の側溝のごみ上げを

雪が降る中タケMくんが鍬でやりました。


そのままで側溝の水の流れが悪くなりますし

見た目も悪いですからね。

IMGP2989.jpg
デリック型*1で作業しちゃだめって何度言ってもわからないタケMくん
(すでに腰痛あり)
今、改めて見るとグレーチング*2が乱雑な片付け方だな(-_-;)

僕が初めてあったころから見るとずいぶん成長したのですが…

タケMくんはこういうところがまだまだですね。

ホリさんと指導しておきますので

皆さん暖かい目で見守ってやってください<(_ _)>



話を戻します(;^_^A


どれだけカッコいい家ができても家の周りがゴミだらけでは

かっこ悪いですし近隣の方に迷惑に思われたら

Y様の顔に泥を塗るようなことになってしまいます。


こういうことの積み重ねが信頼になるんです(*^_^*)


今回の現場の進捗

加賀市山中Y様邸

クロス貼終わりました。

近日中に掃除をして養生板*3を剥がして完成です(*^_^*)

IMGP2937.jpg



IMGP2998.jpg
階段はこの後、絨毯がひかれます。

IMGP2923.jpg



IMGP2996.jpg
キッチンが入りましたが、まだ養生材がついてます

IMGP2995.jpg
優しい日の光

静かな朝です(*^_^*)



用語一言解説

*1デリック型 ものを持ち上げるときのやり方で腰を壊す原因の一つ お辞儀の姿勢で作業する形
*2グレーチング 排水のために網目状になった蓋 上を通るとき大事なものを持っていると緊張する
*3養生ボード ヨウジョウボード 仕上がったフローリングに傷がつかないようにしく板



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



タニグチさんとこの日常

もう一度チラシ作りに挑む 撮影した写真公開の続きです
通算訪問者数1000人ありがとうSp! …という名の…
もう一度チラシ作りに挑む「一人でやるのはもうやめました。」
『角をシャープにする』『人も守る』。“両方”やらなくっちゃあならないってのが“保護材”の辛いところだな
Y様邸改修工事の大工仕事はこれで一旦終了です
Y様邸改修工事ももう大詰めでした
「会社のためじゃなくお客様のため」っていうことなんだと思ったんです
タケMくん、冬の静かな川で大物を釣り上げる
タケM君、一人でウッドデッキを貼らせてもらう
タケM君は社長とホリさんがいるからクリぼっちなんかじゃないんだもん☆彡
チラシを模写してみたら「みんないろいろやってんだなぁ」って感心した
背の高い壁には境目を(ry その後、額縁を取り付けてみたらなんだかかっこよく見えてきた
写真を撮る練習を現場でさせてもらってきましたよ
背の高い壁には境目を作ることで間延びしないようにするという手があるんですって
「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。