FC2ブログ
ノミを研ぐ

今日は朝からタニグチ工務店のマスコット的存在である

タケM君(仮名 上写真右側、立ち上がるとでかいがころころしている)が

兄弟子であるホリさん(仮名 難しい仕事は自然と彼に集まる頼れる漢)に

指導されて鑿(ノミ)を研ぐ修行をしていた。



早速、水に浸しておいた砥石を取り出しノミを研ぎ始めるタケM君

しかし、

慣れてないからうまくいかない。

なぜかノミの刃が丸くなってしまった。
理想と現実

「しっかり砥石にノミの刃をぴったりと当てていたはずなのに

なぜ丸くなってしまうんだ?」

と考え込む僕とタケM君

と、

ここですかさず助け舟を出してくれる頼れる漢ホリさん
兄弟弟子

「お前の体が動いとるからダメなんや」


ホリさんが言うには

下図のようにタケM君の体が前後するのがいけないらしい。
前後運動

つまり、

体が前後することで腕と砥石の間の距離が近くなったり遠くなったりするせいで

腕は砥石の上を並行にノミをスライドさせているつもりだけど、
まっすぐ

実際には体の動き分が足されるので、

弧を描くような形で力が働いているために刃が丸く砥がれてしまうというのでした。
回転

よし!

それがわかればこっちのものあとは体を動かないようにするだけ



・・・と思ったけどそんなに簡単にできれば誰も苦労はしない。

体の動きは小さくなったものの無くすことはできず、

結局この日はうまく砥ぎきれずに終わってしまったのでした。
スポンサーサイト
Secret