FC2ブログ
集中するには
こんにちは<(^^)


今年の福井マラソンについては今持っている能力で

我慢するしかないなとあきらめているミヤザキです。



先日、棚柱*1に棚受*2をつける競争を

タケM君とやったのですが

予想通り焦って手元が怪しくなっているタケM君に

大差をつけて勝ってしまいました。


棚受の取り付け自体は簡単で

棚受を棚柱の穴に差し込んでひねるだけなのですが

タケM君は焦るあまりうまく差し込めず

挙句に穴をねらうのをあきらめて

ガチャガチャと偶然はまることを狙う始末。


そもそも棚柱の取り付け穴に差し込む動作が

うまくできていないのに

「速くやらないと!速く早くはやく…!」

みたいに余計なことを考えていたんでしょうね。


その結果、取り付けのための技術のポイントに気づかず

力と手の動きの速さに頼ることになってしまったんでしょう。



焦るとは

意識が「早くしなければならないということ」に向いている状態です。


これでは脳の処理領域*3が圧迫されて思考が鈍ります。


なぜ焦ってしまうかというと

動機付け*4が強すぎるからです。


動機付けは環境*5です。


しかし、環境は変えられるものばかりではないです。


だから最終的には受ける側がその反応を変えていくしかありません。


反応を変えるとは

受けた刺激*6に対する対処を変えることです。


この場合には

早くしなければならない状況を言語化*7することではなく

今やることに意識を向けるようにする。


つまり、集中することです。


しかし、知識上それが正しいとわかっていてもできません。


それはその行動での成功体験が少ないからです。


なので焦らずに早く仕事を進めるには

日ごろから

集中するほうが自分を叱咤激励したときより速く動ける

ということを体験することが大事なんです。



*1棚柱 タナバシラ 棚受をつけるための金具 子供に持たせると振り回すから危険
*2棚受 タナウケ 棚の板を乗せるためのでっぱり 単体では何なのかわからない
*3脳の処理領域 考えを広げるための入れ物 溢れると考えきれなくなる
*4動機付け 簡単に言うとやる気 けして内側から湧き出るものではない
*5環境 刺激を発するもの この場面では自分や状況を含んでいる
*6刺激 インプット その人が受け取る情報
*7言語化 考えを言葉にすること 処理領域を大きく使ってしまう



過去のメモ

チラウラ4枚目 「自信がなければ勇気を、勇気がなければ覚悟を、覚悟がなければやめろ」と偉い人が教えてくれました
チラウラ3枚目 覚悟とは結果を受け入れること まだ落ちない自信はないです
チラウラ2枚目 「今出せる力が実力」
タニグチさんとこのチラシの裏1枚目 持ちつ持たれつなんじゃあないんですかねって話
スポンサーサイト



Secret