上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
床暖房と床合板
こんにちは<(^^)


今日ハーフパンツでランニングに出たら

凍えてまともに走れなかったミヤザキです。



今日は明翫組様のT様邸にお邪魔してきました。



ちょうど床暖房*1を設置して

ホリさんが床の高さを合わせるために合板*2を貼っているところでした。
ゆかだん



床暖房には電気タイプ、温風タイプ、温水タイプ、

そして温水タイプの中に不凍液タイプがあるらしいのですが

T様邸は温水タイプになってます。


最近は不凍液のタイプを使うことは少ないらしいです。(床暖房屋さん談)


家の断熱性能が上がってきてるからなんでしょうかね。


ちなみにT様邸の断熱材*3はウレタン吹き付けです。
ウレタン吹付断熱


貫*4を打ち付ける前だと見た目は冷凍庫のなかみたいになっちゃいます。
冷凍庫の霜みたい


床暖房はパイプを傷つけないためにビスを打っていい場所が指定されています。
わかりやすい



ところで、

床暖房の写真の床の貼り方について奇妙な点があることに気付いたでしょうか?






よく見ると隣り合う合板どうしの間に隙間があるんですね。
(ちなみに下の写真には写ってないけどその下の太い隙間は作業途中ですよ)
わざと隙間を開けてます


しかし、


これは実はわざとです。


ここに隙間を入れることによって

板どうしがこすれて起こる床鳴り*5を防止しているのです。



床一つとってもいろいろ考えられているものなんですね(p_-)


感心してしまったミヤザキでした。



*1床暖房 ユカダンボウ 温める仕組みがある床 24時間つけっぱなしのほうが省エネになる
*2合板 ゴウハン 木を薄く桂剥きにし重ねた板 元の木の幅より広い板を作れる
*3断熱材 ダンネツザイ 熱の移動をしにくくするもの 湿気をどう処理するかが問題になる
*4 ヌキ 水平に取り付ける壁の補強材 石膏ボードを貼るための土台だとばかり思ってました
*5床鳴り ユカナリ 歩くたびにぎちぎち音がする 居留守がばれてしまう


タニグチさんとこの日常

チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。