FC2ブログ
打ち合わせ中
こんにちは<(^^)


先日、体をほぐしに久しぶりにプールに行ったら

定休日だったことを忘れてて(´・ω・`)ショボーンなミヤザキです。



今回はリフォーム予定の現場の下見に同行してきました。

必要に迫られた本物だから味がある
天井が高いですね

何をする小屋だったんだろう?
木製の滑車?


外観は普通の小屋だったんですが中をのぞいてびっくり

逆光がうるさい嫌な写真
その柱ど・・・どうした?・・・・・・デ・・・・デッサンがくるったか・・・・・・!?


昔はこんな曲がった柱も使ったんですね。


社長曰く、


「昔はどんな木も貴重だったから、多少曲がってても大事に使ったんや。」


そのころは湯を沸かすのに薪を使っていたころだから

木材は資源として大事にされていたんですね。



それにしても曲がった柱というのも面白いですね(p_-)


曲がっていることによって

木材が自然の生き物であったことに改めて気づかされます。


そういう気付きを与えてくれる何かが身近にあったなら、

季節の変化を感じさせるものに感覚が開かれて、

時間の流れを感じることで

それの大切さもこれまで以上に感じられるようになる気がします。



ちなみに今でも曲がった柱や梁を使うことは出来ます。

いっそぐねぐねと曲がった柱を表面に出したろうかなんてどうでしょう?

森林を歩いているような気分になるかもしれませんよ(*^_^*)



今回の現場の進捗


山中温泉Y様邸

断熱材と窓枠がつきました



変わってない?


変わってないです(#^.^#)


大工さんはいろいろやることが多いので

いつも見栄えがするほど仕事が進むわけでもないです。


と、言い訳してみたり(´∀`*;)ゞ


小松市打越町T様邸


木の色が優しい

2階の床のフロア*1を張りはじめました。

木の色合いや触り心地のよさを活かした床材です。

さらっとした踏み心地ではだしで歩くと気持ちいいと思います。



ブログの更新情報はツイッターに入るので、またみたいという奇特な方はどうぞ
タニグチさんとこのツイッター



*1フロア フローリングのこと「床材」



タニグチさんとこの日常

プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
スポンサーサイト



Secret