FC2ブログ
ある日の昼食
こんにちは<(^^)


ハゲないために

とにかく早く眠りにつきたいミヤザキです(切実)。



今回は小松市T様邸にお邪魔しました。
ボードを貼ってます
ホリさんが1階のボード*1を貼っていました。

吹き抜け*2部で高いところのため脚立に足場板を引いて作業をしてます。

2階子供部屋
2階の子供部屋
完成形に近いです。


窓の下がキッチンです
前回



2日前だよ
先週 2階の壁の石膏ボードが張られています。



ボードを貼りました
今回 2階の壁がほとんど貼られてちゃんとした壁になりました。


こうやって同じ場所の写真を並べると出来上がる過程が見れて面白いですね。

タイムラプス動画で見てみたくなります。
(ホリさんは仕事がしづらくなるでしょうがw)



ところで、

下の写真は2階正面の部屋の入り口なのですが

壁の上部にフリー板*3が長手方向が横になるように張られています。
壁の間延びが感じられにくくなる?

拡大

みえるかな?
これは設計士のタカダ氏が

ドアの大きさに対して壁の高さが結構あるので、

その間延びを解消するために考えたものですがどうでしょう?


といってもわかりづらいので写真で見比べてみましょう。
施工前のイメージ
やっつけ感満載の修正写真w


結構、効果ありっぽいですね(*^_^*)



*1石膏ボード セッコウボード 石膏でできた軽くて丈夫で燃えない板 虎のCMが懐かしい
*2吹き抜け フキヌケ 下の階と上の階を何もない空間でつないだ構造 職人泣かせ
*3フリー板 規格化された集成材のこと らしい 工業製品だからみんなそうなんじゃない?
*4集成材 シュウセイザイ 小さい木材を接着して作った部材 大きく歪んだり割れたりはしない



タニグチさんとこの日常

「その曲がった姿に森をみる」 一人でなんだか興奮してた
プラズマ切断機は家庭用コンセントで普通に使える
ユニットバスの撤去は結局バスタブと床が残るからそれなりの道具がないと無理
力はもっているほど慎重に使うようにしたい。 己も壊してしまうから
山中温泉Y様邸と小松市T様邸 解体することもある
加賀市山中温泉上原町のY様邸 捨て貼りを貼りました
リフォームを頼むなら断然、場数を踏んだ大工さんです
辛いところでどこまで詰められるかが一流と普通の人の差なんだって偉い人が言っていました。
耐衝撃性能があるからといって過信してはいけないぞ!
役に立つことの勉強って意外とワクワクします
床暖房をつけると床がその分高くなるので合板で高さをフラットにする
チラシ用の写真を撮る 後編 写真も提案型です
チラシ用の写真を撮る 中編 その写真で何を感じてもらいたいの?
チラシ用の写真を撮る 前編 あの写真の反省回
目には見えているけど何が足りないかがわからない
広々とした空間を舞台に「自分なら…」というイメージを起こさせる写真を撮りたかったんだぁ
技術を支えるのは身体感覚ですから前提が間違っていると混乱します
「掃除して養生ボードを張るだけ」が意外と大変だった
まだインパクトドライバを使いこなせてない
やらないと終わらないからみんな頑張りました
建設会社によって建て方の儀式は違うらしい
ホリさん雨風に飛び込む
マグロは焼くとかなり油がすごいらしい
海の自浄作用の威力はわかった
魚のあらはお昼に買いに行かないと夕方には売り切れてる
こいつのひげには毒があるって大往生流奥義・髭勾針ですね、わかります
ホリさんホントはガザミを捕りたい
ホリさん作ったロゴを披露する
二人ともほれぼれするような発言力を持ってる
タケM君とホリさんロゴマークを作る
はじめは空白があると埋めたくなるもんだ
チラシ用の写真を撮る 人の目って見たいように見ているらしい
タケM君床下点検口を組み立てる
ホリさんでっかい本棚を作る
スポンサーサイト
Secret