上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
20170403工場にて燕と名刺入れ001
こんにちは<(^^)


いろいろ調べ物をしていて

気付いたら4時でほぼ朝になってたミヤザキです。


先日、知り合いの元家具職人の人から

木製の名刺入れをいただきました。


本当はその人に作っていただく予定をしていたのですが、

今はあまり小物をつくってはいないということで

残念だけど仕方ないとあきらめていたところ

「せっかくだから昔作ったもので良ければ上げよう」

ということで遠慮も無くいただいてきちゃいました(*^.^*)

20170403工場にて燕と名刺入れ002

20170403工場にて燕と名刺入れ001

なかなか良くないですか?


飾りっ気のないシンプルなデザインですけど

だからこそ木目や木の色の良さが引き立っていると感じました。


でもですね、

この名刺入れの一番の良さはそこではないんですよ。


これは持ってみないとなかなかわからないのですけど

手作業で研磨したことによるなめらかさや

木材特有の暖かみがあるんです(*´ェ`*)


これに限らず言えることなのですが

丁寧にヤスリがけした木製品ってやっぱりいいですね。


ただすべすべしているのではない木目の感触なんでしょうね(*^_^*)



前段が長くなりすぎちゃいましたね(^^;


この名刺入れはミズメザクラ*1という木材でできているのですが

実はこのミズメザクラは家具やフローリング材*2にも使われている木材なのです。


なので今回はこのミズメザクラをご紹介しようと思います。


漢字で書くと「水目桜」となります。

「桜」とついていますが桜等のバラ科の植物ではなくカバノキ科の植物で

花もかわいらしい花は咲きません。


なぜ桜とつくかというと単純に材観が桜に似ているからだそうです。

20170403工場にて燕と名刺入れ004

色は外側の白身部分は赤が強い肌色を灰色がからせた感じで、

内側の赤身部分は色がはっきりと濃くなっています。

(オイル仕上げされているので写真の色は少し茶色が強くなってます<(_ _)>)

20170403工場にて燕と名刺入れ003

そして、カバノキは広葉樹なので木目は複雑な感じになります。


性質としては堅くて、粘り強く、しかも狂いにくいそうです。


しかし、その分加工が難しいとか。


木目がよくて強いから目に見えるところや

手に触れるところに使われているというわけですね(*^_^*)



用語一言解説

*1水目桜 ミズメザクラ 堅く狂いにくく美しい材 桜には似ているだけ その名前で呼ぶのは自重してほしい
*2フローリング 「床材」 畳も英語圏ではflooringらしい



木の目利き お品書き

木の目利き5品目 縄文時代からいろいろ活躍した「栗」
木の目利き4品目 無意味に呼びたくなる「セランガンバツ」
木の目利き3品目 ヒノキとスギの木目
木の目利き2品目 赤身の方が栄養豊富?
木の目利き 振っただけで折れる? 「シニフシ」のある材
スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。